資格

〔最新版〕食育に関する資格はどれがいい!?ランキング形式で紹介

食育 資格 どれがいい

食育系の資格はどれがいいのかな?
この記事ではランキング形式にして、
5つの食育系資格をわかりやすく紹介します。

この記事を読めば、

・食育系の資格ってどんなのがあるの?
・食育の知識をつけたいけど、どのくらいの期間が必要なのかな?
・コスパよく取れる方法を知りたいな…
・取得後ってどうやって活用できるのかな?

という疑問や不安をすっきり解消できます。
食育系の資格をとってみたいな…と気になっている方は
ランキング1位だけでも見ていってくださいね。

さっそくランキング1位をチェック

ちいまま
ちいまま
最近「食育」って言葉を聞くから気になってはいるものの、色々ありすぎてよくわからないなぁ…

 と思ってずっと先延ばしにしていましたが、
やっぱり子どもや自分の健康のために食について知識をつけたい!
と決心し、最近勉強を始めました。

やるからには、資格取得という明確なゴールを設定したほうが、
ただ勉強するよりモチベーションも続くし、
後々仕事にも活かせると思ったので、
何か資格を取ることにしました!

そこでどんな資格があるか調べたところ
なんと食に関する資格は100個以上ありました!!

ということで、ツイッターで宣言し、
100個全てをという訳にはいかなかったですが、
50個くらいは調べつくしました!

ちいまま
ちいまま
食に関する知識をつけたい!でもどうやって選べばいいか分からない…

そんなあなたのために、
私が厳選した資格を5つ紹介します。

食育系資格おすすめ5選

・食育栄養士
・食育実践プランナー
・食生活アドバイザー
・幼児食インストラクター
・食育メニュープランナー

人によって何を重視するかはかわってくると思うのですが、

スマホで学習可能
在宅受験が可能
取得後に活かせる場が多い
取得後の働き場所が幅広い

という部分が魅力的で、
私は食育栄養士の資格を勉強することにしました!

※ちなみに【Smart資格】で勉強を始めました。
私が魅力的だと思ったSmart資格について、
簡単に特徴を紹介しておきますね!

Smart資格の特徴

・スマホで勉強ができる
・何度も練習問題を受けられる
・好きなタイミングで自宅で試験が受けられる
・更新料など不要
・取得後のキャリア相談にものってもらえる

Smart資格の講座は、一般社団法人日本オンライン資格推進機構(JOCP)
が認定する資格講座なので、
信頼性の高い資格です。

年会費や更新料なども一切ないので、
1度取得してしまえば、安心して活動することができます。

今なら無料で体験ができるので、
どんなテキストなのか、スマホでどうやって学習できるのか気になった方は、
購入前に1度試してみるのもありだと思いますよ!

\無料体験はこちらから/

スマホ1台で学習から試験まで受けれちゃう!

※無料体験はスマホでもPCでもできるよ!

食育系資格はどれがいい?おすすめランキングベスト5

食育系の資格といえば、
管理栄養士やフードコーディネーターなどが有名でしょうか。
それ以外にも実は結構たくさんあります。

・食育インストラクター
・食育実践プランナー
・食育アドバイザー
・食生活アドバイザー
・食育メニュープランナー
・食育栄養士
・フードインストラクター
・野菜スペシャリスト
・幼児食インストラクター
・介護食アドバイザー
・薬膳コーディネーター
・薬膳マイスター
・薬膳インストラクター
・食育マイスター
・食育スペシャリスト
・食育コミュニケーター
・食育デザイナー
・食育指導士
・食育栄養インストラクター
・野菜コーディネーター
・ベジタブル&フルーツプランナー認定資格
・ベジタブル&フルーツアドバイザー
・家庭料理スペシャリスト
・食学A級・S級

などなど…
なんと国家資格や民間資格を合わせると100以上の種類が存在します。

ちいまま
ちいまま
そんなたくさんの中から選ぶなんて無理

と思っちゃいますよね。

私も最初そう思いました。
でも大丈夫ですよ!

まずは自分がどんな目的で
食に関する資格を取りたいのかを考えて見ましょう。

・栄養のスペシャリストになりたい!
・資格をとってそこそこの給料をもらえる仕事につきたい!
・多少時間とお金をかけてもいいから、需要の高い資格がほしい!

と思っている方は国家資格である栄養士、
または栄養士の上位資格である管理栄養士を目指すことをおすすめします。

栄養士、管理栄養士については、
後日詳しい記事を書く予定です。

少しお待ちください><

・食育についての知識をつけたい
・家族や自分の健康を管理できるようになりたい
・手軽に半年くらいで資格をとりたい

と思っている方は、

  • 食育栄養士
  • 食育実践プランナー
  • 食生活アドバイザー
  • 幼児食インストラクター
  • 食育メニュープランナー

から選べば目的は達成できると思います。

この記事では、短期間で取れて、基本的な知識が身につく
比較的手軽な資格についてランキング形式で5つ紹介します!

ちなみにランキングには入らなかったですが、
調べていて面白いなと思った食に関する資格が
3つありました!
番外編としてまとめたので、
こちらの記事も興味ある方は読んでみてください!

趣味 資格
趣味で資格を取るなら面白いもので話のネタに…おすすめ3つを紹介! ・なんか最近時間に余裕が出てきたから、資格でも取ろうかな… ・難しすぎなくて、出来れば楽しみながら学べるのがいいな… なんて...

 

食育系の資格おすすめ第1位|食育栄養士

食育栄養士の特徴

・食品添加物や免疫力、最適な栄養バランスなどが学べる
・在宅試験なので好きなタイミングで受験が可能
・試験に落ちても何度も挑戦することができる
・様々な場面で活かすことのできる資格

健康の向上に欠かせない栄養素や、
年齢に合った食事方法や、
季節にあった料理術を学ぶことができる資格です。

年齢や生活スタイルに合った食事方法の知識を深め、
健康維持を推進することを目的としている資格。

簡単に言うと、この資格を学ぶと、
自分の健康管理に役立つ知識がつき、
さらに食育アドバイザーとして身近な人へ、
アドバイスができるようになります!

ちいまま
ちいまま
自分も健康になれるし、自分の両親や、ママ友などにアドバイスできるようになるなんて、自分に自信が持てそうですよね!

自分の持っている知識で、誰かの力になれて、
健康にしてあげられたり、笑顔を作ってあげられるのって
とても素敵なことですよね!

しかも、自分や家族の健康が維持できるようになったら、
医療費が減って、家計に余裕も出ますね^^

資格取得後は、食育やアレルギーの知識が必要な保育園や、
高齢者施設など、様々な場所での活躍が期待できます。

ちいまま
ちいまま
保育士さんや幼稚園の先生が、取っておくと、保護者の方へ食事について自信を持ってアドバイスできるようになりますね!

さらに、オンラインやSNSを通して、
食育や栄養についてアドバイスをしていくこともできます。

ちいまま
ちいまま
個人サロンを開くこともできるので、
子育て中のママでも、自分の好きな働き方を選べるので安心ですね!

経営者になれたら今より稼げるようになったり、
人生の幅が広がりそうですよね!

食育栄養士の資格をとるならSmart資格がおすすめ。
・スマホ1台×最短1週間で取れる!
・落ちても何度でも受験可能
・試験も自宅で受験可能

\今なら15,000円オフ!/

Smart資格の食育栄養士資格をチェック>

食育系の資格おすすめ第2位|食育実践プランナー

食育実践プランナーの特徴

・食育のスペシャリスト養成を目的とした資格
・家族や身近な人に健康な食生活をアドバイスできる知識が身につく
・最終試験は、全問マークシート式で出題(合格率は非公表)
・基礎をしっかり学べる
・初めて食育系資格にチャレンジする人にオススメ

食育実践プランナーとは、
一般社団法人日本味育協会が主催している検定です。

家庭や教育現場、地域など幅広いシーンで、
健全な食生活を送るための知識やノウハウを伝えていく
食育のスペシャリストを養成することを目的に作られました。

日本味育協会が食育に携わる専門家が議論を重ね、
自宅で誰でも簡単に実践できる
カリキュラムとなっているのが特徴です。

味覚の役割や「おいしさ」についての深い知識が得られる資格です。

食育実践プランナーに興味を持ったら、
ユーキャンの食育実践プランナー講座 をチェック!

ちいまま
ちいまま
迷っている方は、無料資料請求だけでもしてみてね!
生涯学習のユーキャン 公式HPでは、講座との相性診断もできるよ!

学習内容や取得までの平均期間は、
1位の食育栄養士とほぼ違いはありませんでした。

もし試験に落ちた場合、
何度でも受験可能であることも同じですが、
食育実践プランナーは1年以内という期限があるので2位としました。

1位の食育栄養士は無期限で何度でも受験可能です。
ランキング1位に戻る

食育系の資格おすすめ第3位|食生活アドバイザー

食生活アドバイザーの特徴

・少し難易度は高め
・飲食店や介護施設で働く際にアピールポイントとして使える
・独学で試験を受ければ、受験料(約1万円)のみで取得可能

食生活アドバイザーとは、
一般社団法人FLAネットワークが主催している資格です。
自分や家族・友人などの健康的な生活を、
「食」の観点から提案することができるようになります。

つまり、食生活全般のスペシャリストを養成するための資格です。

一般社団法人FLAネットワークとは、
食と生活にまつわる検定事業を運営していることで有名です。

食生活アドバイザー以外にも
「野菜スペシャリスト」などの資格の運営も手掛けています。

食生活アドバイザー資格は、
栄養と健康
食品学
といった食育系資格で習う基礎分野が学べます。

さらに、
食マーケット
衛生管理
など食に関連した広範囲にわたる知識も身に付けることができます。

食生活アドバイザーが勉強できるのは
ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座

・試験が年2回なので、好きなタイミングで受けられない
・合格率が3級約65%、2級約35%と高め

という点で3位となりました。

ランキング1位に戻る

レストランやカフェの開業を考えている方には、
市場分析や衛生管理なども学べるのでおすすめですよ。

食育系の資格おすすめ第4位|幼児食インストラクター

幼児食インストラクターの特徴

・食物アレルギーとその対処法などについて学ぶ
・取得後は料理教室やセミナーを開いて独立することが可能
・在宅試験で、落ちても何度でも受けなおすことが可能

幼児食インストラクターは、
日本能力開発推進協会(JADP)により実施されている民間資格です。

  • 子どもの成長に合わせた献立の工夫
  • 栄養素の基礎知識
  • 病気
  • 食物アレルギーの対処法

などについて学びます。

この資格を取得することで、自分の子どものアレルギーや偏食、
少食といった食についての悩みを解決できるようになります。

また、カウンセリングの方法論も学べるので、
周りのママの相談に乗ってあげることもできるようになります。

幼児食インストラクターの勉強するなら
【WOMORE】(ウーモア) がおすすめです。

通信、通学など、
自分の生活スタイルに合わせて、好きな学習方法が選べます。

1分でできる無料資料請求はこちらからどうぞ
食育に関する資格講座の資料請求なら【WOMORE】(ウーモア)

保育士さんなど、幼児と関わる仕事をしている人が、
スキルアップのために取得するのにもおすすめの資格です。

保護者の方へ自信を持って、
アドバイスすることができるようになりますよ。

ちいまま
ちいまま
1位の食育栄養士でも、アドバイザーとしての知識を学べるので、この点では似ている部分がありますね!

ランキング1位に戻って比較する

食育系の資格おすすめ第5位|食育メニュープランナー

食育メニュープランナー

・「食べることの楽しさ」を伝えられるようになる
・他の資格と比べると費用は比較的安い
・試験はなく、レポートを提出すれば取得できる
・料理のレパートリーが増える

食育メニュープランナー資格とは、
職業訓練法人日本技能教育開発センター(JTEX)と
NPO法人「みんなの食育」が共催している民間資格です。

一汁三菜を基本として、
年齢や個々人の健康に応じたバランスのよい献立を作ったり、
食を通して「食べることの楽しさ」
を伝えられるようになったりするための資格です。

他の資格に比べると費用は安めに設定されています。

試験もなく、レポートを提出するだけで、資格が認定されます。
そのため、仕事に活かせる資格というよりは、
生活で使える知識が増える資格です。

せっかく資格をとるなら、仕事に活かせる方が
勉強のモチベーションも上がるかなと思い、
5位とさせてもらいました。

ランキング1位に戻る

食育系資格の勉強を始める前に確認しておくこと

食育に関する資格を調べつくした私が、
厳選したベスト5を紹介しました!

まだ迷って決めかねている方は、
ランキング1位の食育栄養士にチャレンジしてみましょう!

今なら割引キャンペーン中なので、
お得に資格取得できますよ!

私も今2ヶ月での取得を目標に頑張っているので、
ぜひ一緒に頑張りましょう!と言いたいのですが、
勉強を始める前に確認しておいて欲しいポイントをまとめました。

講座を申し込む前に、
これだけ読んでおいて欲しいと思います。

費用はどれくらいかかるのかな?

資格取得にかかる費用は、選ぶ上でとても重要ですよね。
同じような資格なら、安く取れる方を選ぶ人が大半です。

食育系資格は安いもので10,000円前後、
高いものだと350,000円前後の受験費用がかかる資格もあり、
価格帯が幅広くなっているのが特徴です。

今回ランキングで紹介した資格の金額をまとめておくので、
1つの判断材料として、参考にしてみて下さいね。

食育栄養士 35,000円 ※今なら43%OFF キャンペーン中
食育実践プランナー 一括39,000円 分割3,300円×12回 ※5,000円オフ中
食生活アドバイザー 一括34,000円 分割3,140円×11回 ※5,000円オフ中
幼児食インストラクター 45,200円
食育メニュープランナー 25,000円

※表の金額はこの記事で紹介した通信講座で申し込んだ場合の金額です。
申し込みをする通信講座によって、
多少金額に差がある場合があるので、
あくまでも目安として参考にしてください。

どのくらいの期間でとれるのかな?

資格を申し込む上で、金額も大事ですが、
取得までにかかる期間も重要ですよね。

多くの通信講座は、自分のペースですすめられるため、
頑張ればその分早く取れるし、
その逆であれば取得まで時間がかかります。

なので、公表されている取得にかかる期間は目安でしかありません。

とはいえ、最終試験が年2回しか開催されていないものや、
通信講座の添削してもらえる期間が半年まで
と決められているものなどがあります。

そのあたりを自分の生活リズムと照らし合わせて、
無理なくすすめられるか、考えて見ましょう。

受験資格はあるかな?

資格の取得を目指すときに一番大事というか、
まず最初に確認しておかなければならないものが受験資格です。

勉強したのに、試験を受けられない!!
なんてことにならないように、
最初にしっかり確認しておきましょう。

といっても、今回ランキングで紹介した食育系資格は
通信講座を受講すれば、試験が受けられるようになっているものだけです。

そして通信講座を受けるのに資格などは必要ないので、
この点は安心してもらって大丈夫です。

試験形式はどんな感じかな?

試験の形式についても事前に確認しておくべきポイントです。

在宅受験が可能な試験は、
テキストなどを見ながらの回答が許されている場合が多いので、
用語などを暗記する必要がなく、
簡単に取得できる場合が多いです。

仕事や子育てが忙しいけど、資格を取得したいという方は、
在宅受験可能な資格が狙い目ですよ!

ランキング3位の食生活アドバイザー以外の資格は
全て在宅受験可能です。

ランキング1位に戻る

資格取得後に活用できるかな?

頑張って勉強して、資格取ったら終わりですか?
いや、せっかくならその資格活かしたいですよね!

食育系の資格は、取得後の目的別に3つに分けられます。

  1. 知識をつけてアドバイスできるようになる
  2. 自分のお店を持つ
  3. 趣味として、毎日の料理を豊かにする

あなたの目的はどれに当てはまるか、
よく考えてみてくださいね!

あなたが取りたいと思った資格で、
この5つのポイントをしっかりと確認できましたか?

講座を申し込んでから
受験資格がないことに気づいたら大変!

資格を取った先が
自分のやりたい事とかけ離れてたら意味がない!

しっかりと確認して、
不安要素を全部取り除いてから勉強を始めましょうね!

おすすめ資格ランキングに戻る

食育系の資格どれがいいか迷ったら|1位は食育栄養士

食育系の資格はたくさんあります。
近年注目されていることから、
どんどん新しい資格や講座ができています。

ちいまま
ちいまま
それだけ、需要があるということですね。

私も勉強中の食育栄養士。
まだ始めたばかりですが、
栄養とは何か…栄養素とは…?
などすごく基礎からしっかりと学べます。

自分や身近な人を健康のために、
栄養についての知識があれば、
サポートしてあげられることが増えます。

資格の取得に向けて勉強するのは、大変なこともありますが、
その先にある笑顔のために、
頑張って一歩踏み出して欲しいなと思います!

ぜひ一緒に頑張りましょう~!

資格を取ったら人生に希望を持てた話

私は辛い辛い産後うつから
保育士資格を取得することで抜け出しました。

育児ばかりの日々から、
勉強時間という名の自分時間を手に入れ、
しんどいながらも着実に夢に向かっていると
実感でき充実した毎日に変わりました。

同じように辛い毎日を過ごしているママに
何か夢中になれるものを見つけてほしいと思い、
自分に合った資格を見つける方法を
記事に書きました。

やりたいことがない…
何が合ってるのかわからない…

そんなあなたにぜひ読んでもらいたいです!

\ここから記事を読む/

自分に合う資格を見つける方法

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です