育児

ワミーとラキュー|すごい作品が作れるのはどっち?知育おもちゃ2種徹底比較

・知育おもちゃが気になる
・でも何を選べばいいか分からない

確かに今って色んなおもちゃがありますよね。
しかも次から次へと新しいものが出てくるので、
いったい何を選べばいいか迷いますね。

最近人気なのはワミーとラキューだそうです。
ということでこの記事では、

・ワミーって何?
・ラキューって何?
・どっちがすごい作品を作れるの?

なんて疑問に答えようと思います。

ワミー(Wammy)とは|ラキュー(LaQ)とは

ではまずワミーとラキューを簡単に紹介します。

とその前に、
どっちがいいのか迷っているあなたに、
先に結論から言っちゃいます。

私はどっちを買えばいいか相談されたら、
迷わずワミーをオススメします。

何個か理由はありますが、
1番は娘も私もワミーの方が楽しかったから!笑

ですが、どっちがすごい作品作れるかと聞かれたら、
ラキューと答えると思います。

詳しくは後で説明しますね!

まずはどんなものなのか見ていきましょう~!

どんなものかもう知ってるよって方は、
もくじからメリットデメリットの欄に飛んでくださいね!

ワミー(Wammy)とは

こんな感じの知育系おもちゃです。

柔らかさが特徴で、
ねじったりまるめたり色んな形が作れます。

Wammyには、
わっかをあむという意味がこめられているそうです。

その名の通り、
柔らかいパーツを曲げたり通したりしながら、
今までのブロックにはなかった、立体的な形を楽しめます。 ワミー ドレス ちなみにこちらは、
先日5歳になったばかりの娘と作った作品です。

難しそうに見えますが、案外簡単で、
遊びながら娘と作ったけど
30分もかかりませんでした。

説明書に重ねながらパチパチとはめていくだけなので、
立体図形が苦手な私でも、つまずくことなくできました。

ラキュー(LaQ)とは

こちらも知育系おもちゃです。

ワミーとは違って、レゴのように固い素材です。

ただ王道のブロックとは違い、
色んなパーツを組み合わせることで、
様々な形のものが作ることが出来ます。

ラキュー ケーキDSC_0285

こちらが先日作った作品。

ちなみにこちらはほぼ私一人で作りました。
娘には少し難易度が高かったようで、
途中で飽きてしまいました。

ワミー(Wammy)のメリットとデメリット

では実際に使ってみて感じた
メリットとデメリットについて。

ワミーのメリット

・パーツが小さすぎないので安心
・程よい柔らかさ
・値段がお手頃のものがある(トライアルセット500円~)
・ボール型にして投げても遊べる(柔らかいので安心)
・プチっとはめるだけなので、力が弱くても大丈夫

ワミーのデメリット

・片付けにくい(1パーツが大きいので場所をとる)
・組み合わせ方の種類が多く難しい
・女の子向けデザインが多く、男の子向けは少ない

ラキュー(LaQ)のメリットとデメリット

続いてはラキューのメリットとデメリットについて。

ラキューのメリット

・実寸大の説明書がわかりやすい
・片付けに場所をとらない
・色々なものが作れる
・女の子でも男の子でも楽しめる
・大人も楽しめる

ラキューのデメリット

・小さいパーツが多いので誤飲が心配。
・耐久性が弱いパーツがある
・取りはずす際に形によって難しいことがある
・はめる際にパーツによっては多少力が必要

作品の幅が広いのはラキュー(LaQ)

楽しかったのはワミー、
すごい作品が作れるのはラキュー

ワミーは柔らかく扱いやすいので、
力の弱い娘とも楽しんで遊べました。

しかし、少し複雑な作品を作ろうとしたら、
つなげる際ににねったりして形を作っていく必要があります。

ちいまま
ちいまま
パーツが全て同じ形だから、つなぎ方で変化を出すんだね!

反対に、ラキューの場合は、
はめるのに少し力が入るときがあります。

なので、まだ力の弱い娘は上手くできなくて、
途中で投げ出してしまいました。

ですが、ラキューはパーツは平らなものから、
90度に曲がっているもの、四角や三角など何種類もあります。

そのため、つなぎ方は基本的に一緒で、
パーツを変えて色んな形を作っていくということになります。

ちいまま
ちいまま
つなぎ方を変えなくていい分、ワミーよりもわかりやすく、複雑な作品が作れるんだね!

ワミーとラキューの違い|まとめ

どちらもメリット、デメリットは同じくらいありました。
個人的にはワミーの方が私も娘も楽しめたし、
メリットを感じる部分が多かったです。

ですが家庭の状況によりけりな部分が多い、
とも思います。

例えば、ワミーは女の子向けの商品が多いです。
ラメ入りだったりキラキラシールつきのものなど。

なので、恐竜や車などが好きなお子さんには、
ラキューの方がいいと思います。

後は、安全性をどこまで重視するかという点。

ラキューは小さいパーツが多いので、
小さいお子さんがいる家庭には、
やはりワミーの方をおすすめしたいです。

どちらもとても楽しめることに間違いはないので、
家庭の状況に合わせて何を重視したいのか考えて
選んでもらえたらいいなと思います。

ちなみに飽きっぽい私のような方は、
ワミーとラキューそれぞれ1番安い少量セットを購入して、
両方楽しむという方法もありかと思います。

どちらとも小さなお子さんから大人まで
楽しめることは間違いなしです(誤飲だけは注意が必要ですが…)

つまりとても長く使えるおもちゃなので、
ぜひお家遊びグッズの仲間入り候補に
入れてもらえるといいなと思います!

ラキューやワミーは店頭では
2、3種類しか置いていないことが多いのですが、
実はたくさん種類があります

なのでネットで確認することをおすすめします。

お子さんが楽しめそうなものが見つかりますようにっ!

こちらの記事では他にも
大人も一緒に楽しめるお家遊びグッズを
紹介しているのでよければ参考にしてみてください。

お家遊び 塗り絵
室内遊びで大人も子どもも楽しもう!家族で楽しめる遊び3選 ・お家遊びはもうネタ切れ ・おままごとにずっと付き合うのしんどい ・かといってずっとyoutubeもなんか罪悪感… な...
資格を取ったら人生に希望を持てた話

私は辛い辛い産後うつから
保育士資格を取得することで抜け出しました。

育児ばかりの日々から、
勉強時間という名の自分時間を手に入れ、
しんどいながらも着実に夢に向かっていると
実感でき充実した毎日に変わりました。

同じように辛い毎日を過ごしているママに
何か夢中になれるものを見つけてほしいと思い、
自分に合った資格を見つける方法を
記事に書きました。

やりたいことがない…
何が合ってるのかわからない…

そんなあなたにぜひ読んでもらいたいです!

\ここから記事を読む/

自分に合う資格を見つける方法

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です